FlatAide フラットエイド


フラットエイドとは

フラットエイドは、補正したい元画像から星を消去して背景だけの画像を作成し、それを元画像から減算することによって、フラットフレームで除去しきれない光害カブリなどを除去するツールです。
画面の大部分が背景宇宙であるような、銀河や散開星団などの画像に威力を発揮します。

Before

After

 

対象OS

Windows全般

(ただし、WindowsXP以前の場合はMicrosoft .NET Framework 3.5がインストールされている必要があります)

 

インストール方法

下記URLからダウンロードするか実行してインストールしてください。

http://figomura.ddo.jp/software/FlatAide251.msi

 

改版履歴

ver 2.5.1  2013/3/22  検出星像の検出領域自動拡張機能を追加とバグ修正(モノクロTIFFが扱えない問題など)
ver 2.4.2  2012/12/4  内部画像保持を32bitから16bitにしてメモリを効率化、およびx86モードで再コンパイルした
ver 2.4.1  2012/12/4  バグ修正(2.4.0の速度低下に対応)
ver 2.4.0  2012/12/2  星像検出ダイアログにプレビュー追加、修正ブラシ機能拡張
ver 2.3.2  2012/7/23  αチャンネル付きのモノクロTIFF画像を読み込めないバグを修正
ver 2.3.1  2012/7/23  αチャンネル付きのカラーTIFF画像を読み込めないバグを修正
ver 2.3.0  2012/3/30  青ハロ除去機能改良
ver 2.2.2  2012/3/18  青ハロ除去機能(テスト版)を追加
ver 2.2.1  2012/3/7    JPEGファイル読み込み機能、元画像が8ビットでも内部で16ビット処理
ver 2.1    2012/3/3    補正色・強さ調整、強調表示など機能追加
ver 2.0    2012/1/13   画像処理を16ビット化、 ぼかし機能
ver 1.1    2011/11/30 一般公開

 

フラット補正の使い方解説はこちら

青ハロ除去機能の解説はこちら